もくもく3打ち上げ日決定のお知らせ
航空宇宙局(S2) · 2021/10/24
航空宇宙局(S2)より、もくもく3の打ち上げ日決定の知らせです!詳しくはこちらから

一般社団法人炭素回収技術研究機構(CRRA)はこれまで、2021年6月よりCO2直接回収装置であるひやっしー3を一部先行販売してきましたが、2021年10月4日に新たな手法により性能検証実験を行った結果、これまでの二酸化炭素回収性能として示してきた数値と大幅に異なる結果が出ました。これらの結果を検証した結果、ひやっしー3の販売を一時中止すると共に、これまでご購入頂いた方には返金の措置を取らせて頂きたいと考えます。また、ご予約頂いた方は、ご予約のキャンセル又は後続機種の予約をお選び頂ける形にしたいと考えております。ひやっしー2までの性能表記には変更はございません。 関係する皆様には大変なご迷惑をおかけ致しますことをお詫び申し上げます。 今後はさらにバージョンアップさせたひやっしー4(仮称)の開発に注力し、2022年初頭に発売を再開したいと考えております。皆様にはご不便とご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い致します。
内閣府ムーンショットアンバサダーに、機構長の村木風海が就任!
弊社機構長の村木風海が、内閣府ムーンショットアンバサダーに就任しました。破壊的イノベーションを起こす為のムーンショット計画。その推進大使としての活動やメッセージなど、詳しくはこちらをご覧ください。

成層圏探査機《もくもく3》打ち上げ延期のお知らせ
航空宇宙局(S2) · 2021/09/17
航空宇宙局(S2)より、弊社で進行中の「もくもく計画」を応援してくださる皆様にお知らせがございます。 弊社は有人成層圏飛行のための最終段階の無人試験機・成層圏探査機《もくもく3》の打上げを8月末、そして弊社機構長の村木風海が搭乗予定の《もくもく4》の打ち上げを9月24日頃に予定しておりましたが、以下の状況により、予定していた打ち上げスケジュールを延期する運びとなりました。

機構長・村木風海による初の著書、9月24日発売!
機構長・村木風海による初の著書「火星に住むつもりです〜二酸化炭素が地球を救う」が、9月24日発売! また、10月30日には丸善 丸の内本店にて、『火星に住むつもりです』刊行記念 オンライントークイベントが開催! (楽天ブックスにて本の総合最高1位 Amazonで総合最高2位、地球科学分野で最高2位)

CITV公式サイト開設!
この夏、CITVが新しく生まれ変わります! 題して、「新しいCITV、始まる。」 その一環として、CITV公式サイトを開設いたしました。 詳しくは、こちらをチェック!

広報・メディア出演において、ホリプロとの業務提携を開始
機構長局(Si6) · 2021/05/26
CRRAは4月1日より、広報・メディア出演分野において株式会社ホリプロと業務提携を開始しました。弊社機構長の村木風海は、ホリプロ スポーツ文化部に所属となります。 CRRAは「地球を守り、火星を拓く」をスローガンに温暖化を止める方法から人類の火星移住までを一貫して研究する独立系研究機関です。しかしながら、研究を1人でも多くの人に伝え、地球を守る為には広報面における豊富な経験と戦略が必要となります。 従来CRRAでは各種取材対応を社内のみで行って参りましたが、件数の増加により機構長を含め研究に従事する時間が大幅に減少してしまい、十分に研究を遂行できない状況となっていました。そこで、4月1日よりホリプロと業務提携を行うことで、CRRAの独立性は保ちつつ、研究へのリソースを格段に増やすことが可能となりました。

Forbes JAPAN presents CIRCULAR ECONOMY TALK に村木風海機構長が登壇予定!
機構長局(Si6) · 2021/05/25
弊社機構長の村木風海が、Forbes JAPAN presents CIRCULAR ECONOMY TALKに登壇予定です。新しい循環型経済のカタチについて、WOTA株式会社代表取締役社長の前田瑶介氏、モデレーターでアートディレクター・デザイナーの田子學氏と共に語っていきます。CRRAの目指す「小型分散型のCO2回収構想」通称「どこでもCO2回収」について、経済や社会の観点からもお話しする予定です。

二酸化炭素から石油代替燃料を合成する「そらりん計画」で、印刷インキ大手・化学メーカーのサカタインクス社と5ヵ年の共同研究を開始
CRRAは5月24日、印刷インキを中心とした化学製品の研究・製造・販売を行うサカタインクス株式会社と共同研究を開始しました。共同研究では、二酸化炭素からエタノール、そして軽油の代替燃料を合成する技術開発を進めます。 この度、サカタインクス社とインキ溶剤や軽油の代替燃料になる有機化合物を空気中の二酸化炭素から合成する技術開発に向けた共同研究として、共同研究開発契約に至りました。 大気中の二酸化炭素から石油代替燃料を合成する技術が確立した場合、乗り物の燃料だけではなく、世界中のあらゆる石油製品を空気から生み出すことが可能になります。その結果、2030年に世界のCO2排出量を半減させる効果も期待されます。

NHK甲府放送局(山梨)ラジオ第一「かいラジ」に村木風海機構長が出演予定!
機構長局(Si6) · 2021/05/17
弊社機構長の村木風海が、NHK甲府放送局(山梨県)ラジオ第一「かいラジ」に出演予定です。新型ひやっしー「ひやっしー3」についての情報や、成層圏探査機もくもく計画など最新の研究情報についてもお話しします。

さらに表示する