· 

Forbes JAPAN presents CIRCULAR ECONOMY TALK に村木風海機構長が登壇予定!


弊社機構長の村木風海が、Forbes JAPAN presents CIRCULAR ECONOMY TALKに登壇予定です。新しい循環型経済のカタチについて、WOTA株式会社代表取締役社長の前田瑶介氏、モデレーターでアートディレクター・デザイナーの田子學氏と共に語っていきます。CRRAの目指す「小型分散型のCO2回収構想」通称「どこでもCO2回収」について、経済や社会の観点からもお話しする予定です。詳細については、Forbes JAPANの特設サイトをご覧ください。

 

日時:2021年5月28日(金) 18:00 - 19:00 JST(日本標準時)

配信:YouTube Live

視聴方法:Forbes JAPAN ウェブサイトよりお申し込み

 

ぜひ、ご覧ください!


コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    末次 正浩 (日曜日, 22 8月 2021 11:46)

    二酸化炭素を回収したとて、ソレを放出する処理をしたら、意味がない。
    つまり「二酸化炭素」を「燃料」にしても、ソレを燃やせば
    「二酸化炭素」が発生する訳だから「循環させた」に過ぎない。
    「燃料」にする時に、火力による「電気」を使っていたら意味が無いし、
    コレは回収する時の「モーターの電力」についても言える事です。

    CO2回収方法については「特許申請中」との事ですが、
    「特許」というのは、出願時点で人にバレているのです。
    TV等のパフォーマンスで、お金を集めるのなら、
    「回収の仕組み」を公開した方が、効果がありますヨ!

    ちなみに「火星へ行く」そうですが、
    燃料は「CO2回収システム」で 何とかなるかもしれませんが、
    人間が行くに当たっての問題は「酸素」「水」を、どうするか?
    なのです。(動力は、太陽電池で代用できる。)

    学生さんらしく、夢物語ばかりを語って、
    現実の問題を、見ていないようですな。
    (知らない人から応援してもらえば、金は集まりますヨ!)

    以上。

    SUE.