CRRAは、「地球を守り、火星を拓く」というミッションの下、以下の研究事業を行っています。


CO2直接空気回収(DAC)

人工的に気候変動を止める「気候工学」の分野のうち、気候変動の根本の原因であるCO2を空気中から直接回収する技術の研究を行っています。これまでは化学工場のような巨大な装置のみが世界で研究されてきましたが、気候変動に対する意識改革を起こすため、CRRAでは世界最小サイズの個人レベルでの普及が可能な装置の研究開発を実施しています。

この研究から開発された製品 →

CO2資源化(カーボンリサイクル)

 

CRRAでは、空気中のCO2を回収するだけではなく、回収したCO2から有機化合物を作り出す研究も行っています。例えば、空気からガソリンを作り出す「そらりん計画」では、空気中からガソリンの代わりとなる燃料の開発に成功しました。これらの研究によって、空気からエネルギーを生み出し、さらに全ての石油製品が「空気製品」に置き換わることを目指すことで、空気中に排出されるCO2が削減します。

関連するプレスリリースのリンク→

有人火星探査

  • 誰もが手軽に宇宙に行ける乗り物の開発

  • 火星の大気(CO2 95%含有)からCO2を回収し、ロケットの燃料やプラスチック、宇宙飛行士の食糧を化学合成する研究




付記:この研究の概要については、平成29年度 異能vation 最終選考通過者「村木風海」の欄をご覧下さい。