※このページは現在工事中です。

CRRAでは、"温暖化を止め、人類の火星進出も実現する、惑星規模で活躍する科学者" =「惑星保安官」という職業を提唱し、研究活動を行っております。以下では、当機構を構成する惑星保安官および職員をご紹介致します。

機構長

      役員のトップで、代表に相当する役職です。全惑星保安官の中で最高権限を持ちます。

  村木 風海(むらき・かずみ)

役職:機構長  階級:主席惑星保安監  専門領域:CO2直接空気回収、CO2からの燃料合成

 

主要経歴

2017.10   総務省 戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)独創的な人向け特別枠

      「異能vation」プログラム 本採択、CRRA設立・機構長に就任

2018.10   山梨県北杜市 市制施行14周年記念式典 市長特別表彰

2019.02   東京大学工学部領域5 推薦入試 合格、大村智自然科学賞

2019.03   山梨県北杜市立甲陵高等学校 卒業、学校長賞受賞

2019.04   東京大学教養学部前期課程 理科一類 入学

2019.08   Forbes JAPAN 30UNDER30 2019 受賞(サイエンス部門)

統括司令

      役員のNo.2で、副代表に相当する役職です。機構長不在時は、代理も務めます。

  現在 編集中(げんざい・へんしゅうちゅう)

役職:統括司令  階級:上席惑星保安監  専門領域:色素増感太陽光電池、火星移住開発計画

 

財務司令

      役員のNo.3で、経理・経営・法律などの機構内の意思決定において幅広い活躍が求められる重要な役職です。

  現在 編集中(げんざい・へんしゅうちゅう)

役職:法務司令  階級:上席惑星保安監  専門領域:経理、法学、行政学