CRRAでは、「温暖化を止め、人類の火星進出も実現する、惑星規模で活躍する科学者」すなわち【惑星保安官】という職業を提唱し、研究活動を行っております。以下では、惑星保安官の階級や役職をわかりやすく解説致します。

CRRAの制服

      惑星保安官の制服についての概要です。

CRRAでは、個人のモチベーションを高め惑星保安官としての意識を維持する為、制服が設定されています。CRRAの制服は、第1種制服(パイロットや船乗りをモチーフにした制服で、惑星保安本部や管制センター内での勤務用)・第2種制服(実験時に着用する白衣)・第3種(外出用のスーツ)の三つからなっています。

階級・階級章一覧

      ここでは、階級と共に第1種制服の肩章のイメージ図、そして一般の会社で相当する役職を掲載します。

   ○ 主席惑星保安監

惑星保安官の最高階級。機構長・最高顧問が該当。会長・社長・CEOに相当。

   ○ 二等惑星保安正

惑星保安部の副ユニット長クラス。教官や准教官も。部長・室長に相当。

   ○ 二等惑星保安士

各中・小隊の副隊長クラスとして、一等惑星保安士を補佐。係長・主任に相当。

   ○ 上席惑星保安監

惑星保安官のNo.2。統括司令・司令が該当。副社長・専務・常務などに相当。

   ○ 三等惑星保安正

ミッションスペシャリストクラス。准教官になる者も。室長・課長に相当。

   ○ 三等惑星保安士

各中・小隊の隊員クラス。様々な技能を習得していく。主任・一般社員に相当。

   ○ 一等惑星保安正

惑星保安部のユニット長クラス。教官などもこの階級。部長・本部長が相当。

   ○ 一等惑星保安士

各中・小隊の隊長クラス。課長補佐・係長などに相当。

   ○ 惑星保安士補

CRRA附属の惑星保安大学校に所属する訓練生。研修期間の一般社員に該当。